玉岡かおる掲載誌紹介

最新刊「花になるらん 明治おんな繁盛記」
京都の呉服商「高倉屋」のご寮人さん・みやび。女だてらに積極的に商売を拡げ、動乱の幕末から明治を生き抜いた女性の波瀾の人生を描く大河長篇。

『大法輪』8月号 にっぽん聖地巡礼の旅

『大法輪』8月号 にっぽん聖地巡礼の旅
 新年号から始まり、もう8回目。今月は、古代の神仏論争に敗れた神道側の物部氏終焉の地を訪ね、守屋首洗い池、石矢塚、そして全国の神社が玉垣で囲む守屋の墓へ。歴史は常に勝者が書くというのに、こうして守られている敗者の遺跡に、大阪人の心意気を見る思い。そして勝者の仏教側の象徴、聖徳太子が眠る叡福寺へ足を伸ばします。日本人の神仏のふるさとをめぐる玉岡かおるの旅におつきあいください。

20120721-2.jpg









posted by 管理人 at 14:16 | 雑誌:大法輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド